コンパス攻略の隙間

検証厨が検索しても見つからなかった情報を検証していきます。

今回はカードの発動速度について調べました。



各ヒーローごとに各攻撃カードの発動速度が異なっていることは始めたばかりの人を除いて皆さんご存知だと思います。
またどのヒーローのどのカードが早いのかも知っておられるはずです。
しかし具体的な秒数などの情報が乏しいため調べてみました。



検証方法は以下の通りです。

ーーーーー

①使用ソフトはiPadPro 10.5インチ(ミクのみIPad air)の画面録画とAviutl

②画面録画で撮ったものを100フレームのAviutlに取り込む。

③「カードを切ったことが確定したフレーム(「カードの効果範囲表示が消えたフレーム」から測定開始。
発動検証
↑カードを切ったことが確定する直前の効果範囲が示されている状態。

発動検証2
↑切ったことが確定し、効果範囲が消えた状態。このフレーム(瞬間)から測定開始。

⑤各カード4回ずつデータをとり、平均値を出す。

ーーーーー



では調べた結果です。
なお、数字部分の色分けは実際のデータで速いほど色が濃くなるようにしており、名前部分の色分けはゲーム内のカード発動速度の表記が速いものほど色が濃くなるようにしています。
また、名前の色分けは
水色→スプリンター
赤→ガンナー
緑→アタッカー
オレンジ→タンク
となっています。



・発動無強化カード(使用カード:ジャンクヤード、ひめたる、フルアーマー、ドルケストル)

_20190503_181320













・発動短強化カード(使用カード:タイオワ)

_20190503_181232











・発動長強化カード(使用カード:満点提灯、イノセンテ)


_20190607_013241









・近カード (使用カード:パウ・ライヒェ、おじいちゃん)
(並び順はヒットが早い順)



_20190503_181211







※「ヒット平均」=カードを切ったことが確定してから攻撃がヒットするまでの平均時間
 「硬直平均」=カードを切ってから硬直時間が終了し、行動可能になるまでの平均時間
 「後隙」=「硬直平均」ー「ヒット平均」
 周も同様の意味で表記。




・周カード 使用カード:ルルカ、和太鼓
(並び順はヒットが早い順)

_20190606_220602











・遠カード 使用カード:エボリリ、ララカ
(並び順は全弾ヒットが早い順)

_20190503_181104








※「ヒット平均」=カードを切ったことが確定してから最初の攻撃がヒットするまでの平均時間
 「フルヒット平均」=カードを切ったことが確定してから最後の攻撃がヒットするまでの平均時間
 「初撃~硬直解除」=「硬直平均」ー「ヒット平均」
 「後隙」=「硬直平均」ー「フルヒット平均」
 遠も同様の意味で表記。





・連カード 使用カード:デュノワ伯、手作り爆竹、ケルパーズ
(並び順は全弾ヒットが早い順)

_20190606_220135











今回は2019/05/30のヒーロー調整の対象であるジャスティスと乃保の連、マリアの周のデータの更新をしました。


それでは失礼しますm(_ _)m

2019/05/30に行われたヒーロー調整についてです。


写真 2019-05-30 19 53 46
写真 2019-05-30 19 54 03
写真 2019-05-30 19 54 10

連撃モーション:初段1.05、最終段3.08、硬直解除4.09
→初段0.85、最終段2.9硬直解除3.62



写真 2019-05-30 19 54 21
写真 2019-05-30 19 54 32

移動速度:10.34(レムと同程度)→10.23(メグメグと同程度)
連撃モーション:初段0.95、最終段2.86、硬直解除3.76
→初段0.86、最終段2.78、硬直解除3.61


写真 2019-05-30 19 54 39
写真 2019-05-30 19 54 47
写真 2019-05-30 19 54 52
写真 2019-05-30 19 55 02
写真 2019-05-30 19 55 12
写真 2019-05-30 19 55 42

移動速度:10.4(めぐみんと同程度)→10.24(メグメグと同程度)

写真 2019-05-30 19 55 45
写真 2019-05-30 19 55 51

周囲モーション:ヒット1.46、硬直3.52(勇者と同程度)
→ヒット1.32、硬直3.34(ジャンヌとヒットが同程度)



写真 2019-05-30 19 55 57
写真 2019-05-30 19 56 17
写真 2019-05-30 19 56 21
写真 2019-05-30 19 56 28
写真 2019-05-30 19 56 35
写真 2019-05-30 19 56 40
写真 2019-05-30 19 56 50
写真 2019-05-30 19 56 55
写真 2019-05-30 19 57 07
写真 2019-05-30 19 57 12


それでは失礼します。 https://x-dashboard.cir.io/media/campaigns/tags/multi_action?creative_id=xcr546411252&media_website_id=xme3926064207

今回は各ヒーローのHSゲージの必要量について検証します。



コンパスにおいて逆転要素や第5のカードとして機能するHSですが、HSが使用可能になるまでに必要なHSの量はヒーローによって違うのはご存知だと思います。
これについて、appliv gamesさんが先行検証されていますが、いつもどおり自分で調べて見ようと思ったのでその結果について書きます。
検証方法は→(http://www.sirdee-compass.com/archives/14522803.html)



結果です。なおすべて時間換算(秒)で表しています。
まず自陣拡張時間については↓
_20181215_233726



次にHS必要量について。
色分けは濃い方から拡張した場合において「2陣のみで使用可能」「1陣のみで使用可能」「1,2陣両方以内で使用可能」「1,2陣両方広げても使用不可」となっています。
また、名前の色分けは
水色→スプリンター
赤→ガンナー
緑→アタッカー
オレンジ→タンク
となっています。

_20190519_230317















次に硬直時間について。
ルチは計測しようがないので計測していません。また、リヴァイの硬直時間は最短の場合(=壁に向かってHSを発動した場合)となっています。

_20190519_230342









※めぐみん以外は「硬直時間=無敵時間」と考えてよいが、めぐみんのみ硬直時間の終了間際(倒れている辺りの時間)には無敵判定が切れてます。


今回は2019/05/09のヒーロー調整を受けたアタリとデルミンの必要量を更新しました。



それでは失礼します。

2019/05/09に行われたヒーロー調整のまとめです。



写真 2019-05-09 16 56 54
写真 2019-05-09 16 56 58

HS必要量:約32秒→約40秒
※拡張済み自陣換算


写真 2019-05-09 16 57 05

HS必要量:約54秒→約48秒



それでは失礼します。

今回は各ヒーローのHSゲージの必要量について検証します。



コンパスにおいて逆転要素や第5のカードとして機能するHSですが、HSが使用可能になるまでに必要なHSの量はヒーローによって違うのはご存知だと思います。
これについて、appliv gamesさんが先行検証されていますが、いつもどおり自分で調べて見ようと思ったのでその結果について書きます。
検証方法は→(http://www.sirdee-compass.com/archives/14522803.html)



結果です。なおすべて時間換算(秒)で表しています。
まず自陣拡張時間については↓
_20181215_233726



次にHS必要量について。
色分けは濃い方から拡張した場合において「2陣のみで使用可能」「1陣のみで使用可能」「1,2陣両方以内で使用可能」「1,2陣両方広げても使用不可」となっています。
また、名前の色分けは
水色→スプリンター
赤→ガンナー
緑→アタッカー
オレンジ→タンク
となっています。

_20190503_180856














次に硬直時間について。
ルチは計測しようがないので計測していません。また、リヴァイの硬直時間は最短の場合(=壁に向かってHSを発動した場合)となっています。

_20190503_180830








※めぐみん以外は「硬直時間=無敵時間」と考えてよいが、めぐみんのみ硬直時間の終了間際(倒れている辺りの時間)には無敵判定が切れてます。


今回は2019/04/22のヒーロー調整で情報されたレム・モノクマのデータの更新と、デルミンのデータの追加をしました。

デルミンのHSは広範囲に「攻撃力×1.8倍×6回」という攻撃をするというものです。
威力は他ヒーローに劣るもののプッシュ量を生かしてポータル奪取の隙を作ることも可能なので、味方との連携をとりながら効果的に使うようにしましょう。
また、撃たれる側はダメカを貼ることでプッシュ量を激減させることができます。範囲も広く打ち方によってが回避することは困難なので、終盤には対策を用意しつつ戦いましょう。


それでは失礼します。

↑このページのトップヘ