コンパス攻略の隙間

検証厨が検索しても見つからなかった情報を検証していきます。

今回はカードの発動速度について調べました。



各ヒーローごとに各攻撃カードの発動速度が異なっていることは始めたばかりの人を除いて皆さんご存知だと思います。
またどのヒーローのどのカードが早いのかも知っておられるはずです。
しかし具体的な秒数などの情報が乏しいため調べてみました。



検証方法は以下の通りです。

ーーーーー

①使用ソフトはiPadPro 10.5インチ(ミクのみIPad air)の画面録画とAviutl

②画面録画で撮ったものを100フレームのAviutlに取り込む。

③「カードを切ったことが確定したフレーム(「カードの効果範囲表示が消えたフレーム」から測定開始。
発動検証
↑カードを切ったことが確定する直前の効果範囲が示されている状態。

発動検証2
↑切ったことが確定し、効果範囲が消えた状態。このフレーム(瞬間)から測定開始。

⑤各カード4回ずつデータをとり、平均値を出す。

ーーーーー



では調べた結果です。
なお、数字部分の色分けは実際のデータで速いほど色が濃くなるようにしており、名前部分の色分けはゲーム内のカード発動速度の表記が速いものほど色が濃くなるようにしています。




・発動無強化カード(使用カード:ジャンクヤード、ひめたる、フルアーマー、ドルケストル)

_20181120_200304





・発動短強化カード(使用カード:タイオワ)

_20181120_200154





・発動長強化カード(使用カード:満点提灯、イノセンテ)

_20181120_200219





・近カード (使用カード:パウ・ライヒェ、おじいちゃん)
(並び順はヒットが早い順)

_20181127_202712




※「ヒット平均」=カードを切ったことが確定してから攻撃がヒットするまでの平均時間
 「硬直平均」=カードを切ってから硬直時間が終了し、行動可能になるまでの平均時間
 「後隙」=「硬直平均」ー「ヒット平均」
 周も同様の意味で表記。




・周カード 使用カード:ルルカ、和太鼓
(並び順はヒットが早い順)

_20181120_200024





・遠カード 使用カード:エボリリ、ララカ
(並び順は全弾ヒットが早い順)

_20181127_202754




※「ヒット平均」=カードを切ったことが確定してから最初の攻撃がヒットするまでの平均時間
 「フルヒット平均」=カードを切ったことが確定してから最後の攻撃がヒットするまでの平均時間
 「初撃~硬直解除」=「硬直平均」ー「ヒット平均」
 「後隙」=「硬直平均」ー「フルヒット平均」
 遠も同様の意味で表記。





・連カード 使用カード:デュノワ伯、手作り爆竹、ケルパーズ
(並び順は全弾ヒットが早い順)

_20181127_202821






今回は2018-11-27のヒーロー調整で修正されたのほの連、きららの近、モノクマの遠を更新しました。
数字ではなく体感としては↓の通りです。








それでは失礼しますm(_ _)m

2018-11-27のメンテで実施されたヒーロー調整についてまとめます。





写真 2018-11-27 16 10 07
写真 2018-11-27 16 10 10
写真 2018-11-27 16 10 15
写真 2018-11-27 16 10 25

HSヒット間隔:1発/約0.8秒→1発/約0.7秒



写真 2018-11-27 16 10 37
写真 2018-11-27 16 10 47
写真 2018-11-27 16 10 57
写真 2018-11-27 16 11 05
写真 2018-11-27 16 11 16
写真 2018-11-27 16 11 22
写真 2018-11-27 16 11 28
写真 2018-11-27 16 11 32
写真 2018-11-27 16 11 40
写真 2018-11-27 16 11 56
写真 2018-11-27 16 12 05

HA範囲:半径約4マス→半径約3.5マス



のほ、きらら、モノクマのカード速度については↓








以下私見です。「こういう意見もあるのか」程度に読み流してください。



今回の調整でポロロッチョとの相性があまりにも良すぎたイデアのCTが伸びました。
個人的には必要だったのかなぁと思います。Twitter見てると「イデアポロ強すぎる」といった人が多かったですが、実質テレパスである以上イデアを修正しなくても敵陣に一人突っ込んでればゾンビ戦法はできないんじゃないかなぁと思ってました。
「ポロ3固定がクソゲーでつまらない」というのもシーズンでできない以上あまり関係ないですし。野良でポロ×3と当たるならイデアだけのせいとは考えにくい気もしますし。
またポロロッチョ自体は修正が来ておらず
・HS・HAの強力さ
・DPSの高さ
・足の速さ
といった点は据え置きのため、ポロロッチョへの影響力よりも他のイデア搭載可能なヒーローへの影響力のほうが大きそうな気がしました。



アタリくんの修正はボイちゃんとの差別化という点でありだと思います。
・カード速度が全てボイちゃんのほうが速い
・アビリティの関係上ボイちゃんのほうが耐久しやすい
・プッシュ量(吹き飛ばし力)がボイちゃんのほうが高い
といったことから、アタリくんはいわゆる「飛ばして剥がすスプリンター」としてはボイちゃんに劣っていると思いますし、これらを上方したとしても今度はボイちゃんがアタリくんに劣る状況になりかねません。

一方、HSはアタリくんの方がボイちゃんよりも強いと言えると思います。また、この点でアタリくんを強化したとしてもボイちゃんと異なる役割を担えるため共生できるんじゃないかなぁと思います。
ただ、アタリくんのHSで問題なのは「HSを発動しても貫通や毒ですぐにHSを消される」という点だと僕は思っています。HSの攻撃性能自体は前の状態でも十分高かったと思っているので調整するとしたら消滅条件の方だと考えてました。
なので今回の調整は全然違うわけではないものの、微妙にズレてるような気がしました。



きららについてはおそらくアタリくんとは違い、ボイちゃんと同じような方向性にしようとしてるのかなぁと感じました。
前回のプッシュ量上方/下方、及び今回の近速度上方によって「剥がして奪取する」動きがしやすくなったのかなぁと思います。

反面、
・耐久ステがボイちゃんに比べて低い
・その他のカード速度(回復・ダメカ含む)はボイちゃんの方が速い
・ステルスでタゲを外せるものの、条件の関係上小回りが利きにくく結果的にボイちゃんのアビの方が生存しやすい
といった点から、防衛ではボイちゃんに軍配があがるため、やはり棲み分けはできる気がします。
キル性能にはつながらないものの、ありな修正じゃないかなぁと思いました。



モノクマのHAについてはまぁいいと思います。正直バフ量下方来るかなと思ってたのですがこれはこれでありかなと。半径0.5マスがどのくらい試合に響くのかは見てみないとわかりませんが。
ただ遠距離まで同時に下方したのは果たしてどうなるか、とは思います。強みを両方同時に下方してしまうと実際の使用感より「一気に下方された」という印象が先行してしまいそうな気もします。「それの何が悪いの?」といわれたらそれまでですが。



あとは特にこれといって思うところはないです。
のほたんはダメカ貼られると何もできなかった状態からメカ反で対策できるようになったのかなーとか、
僕ガンナーばっかやってるからアダム下方は楽になるなーとか、
リンちゃんHS貯まりが早くなっても後ろからHAが主だからそんなに変わんないんじゃないかなーとか、
テスラコイル確殺じゃなくなってから欠片も警戒しなくなってたからまぁこれはこれでいいんじゃないかなーとか、
細々したことは思ってますが特筆するほどのことは無いです。




それでは失礼します。

今回はカードの発動速度について調べました。



各ヒーローごとに各攻撃カードの発動速度が異なっていることは始めたばかりの人を除いて皆さんご存知だと思います。
またどのヒーローのどのカードが早いのかも知っておられるはずです。
しかし具体的な秒数などの情報が乏しいため調べてみました。



検証方法は以下の通りです。

ーーーーー

①使用ソフトはiPadPro 10.5インチ(ミクのみIPad air)の画面録画とAviutl

②画面録画で撮ったものを100フレームのAviutlに取り込む。

③「カードを切ったことが確定したフレーム(カードの効果範囲表示が消えたフレーム」から測定開始。
発動検証
↑カードを切ったことが確定する直前の効果範囲が示されている状態。

発動検証2
↑切ったことが確定し、効果範囲が消えた状態。このフレームから測定開始。

⑤各カード4回ずつデータをとり、平均値を出す。

ーーーーー



では調べた結果です。
なお、数字部分の色分けは実際のデータで速いほど色が濃くなるようにしており、名前部分の色分けはゲーム内のカード発動速度の表記が速いものほど色が濃くなるようにしています。




・発動無強化カード(使用カード:ジャンクヤード、ひめたる、フルアーマー、ドルケストル)

_20181120_200304





・発動短強化カード(使用カード:タイオワ)

_20181120_200154





・発動長強化カード(使用カード:満点提灯、イノセンテ)

_20181120_200219





・近カード (使用カード:パウ・ライヒェ、おじいちゃん)
(並び順はヒットが早い順)

_20181120_200048



※「ヒット平均」=カードを切ったことが確定してから攻撃がヒットするまでの平均時間
 「硬直平均」=カードを切ってから硬直時間が終了し、行動可能になるまでの平均時間
 「後隙」=「硬直平均」ー「ヒット平均」
 周も同様の意味で表記。




・周カード 使用カード:ルルカ、和太鼓
(並び順はヒットが早い順)

_20181120_200024





・遠カード 使用カード:エボリリ、ララカ
(並び順は全弾ヒットが早い順)

_20181120_195953



※「ヒット平均」=カードを切ったことが確定してから最初の攻撃がヒットするまでの平均時間
 「フルヒット平均」=カードを切ったことが確定してから最後の攻撃がヒットするまでの平均時間
 「初撃~硬直解除」=「硬直平均」ー「ヒット平均」
 「後隙」=「硬直平均」ー「フルヒット平均」
 遠も同様の意味で表記。





・連カード 使用カード:デュノワ伯、手作り爆竹
(並び順は全弾ヒットが早い順)

_20181120_195921





今回はポロロッチョのデータと発動無・長カードのデータを追加しました。



アタッカーにはフルカノに代表される近カードの発動が早いヒーローが多い中、ポロロッチョはヒーロー全体で見ても近カードが遅いヒーローです。

その一方で、他のカードについては比較的優秀な性能をしていたり、通常攻撃やHA、足の速さといった基礎性能が優秀で多様なデッキが組めそうな面白いヒーローです。

是非、色々試して自分のプレイスタイルに合ったデッキを模索してみてください。



また今回発動無・長カードについても調べたのですが、リュウの発動長がほかのヒーローに比べて少し早いという結果が出ました。
リュウは発動長のカードを搭載することが稀なため活かしづらかったり、そもそも先日もアダムとマリアのカード発動速度が修正されていたりといったことから、これもそのうち修正されたりする可能性がありますが、
僕は調べて気づけて楽しいのでそれについてはもう満足です()





それでは失礼しますm(_ _)m

今回は移動速度についての検証です。



コンパスにおいてヒーローごとに移動速度は異なります。
Appliv gamesさんがその辺の検証をされていますが、自分でも検証して見ようと思ったため検証してみました。



検証方法は以下の通りです。(結果だけ知りたい方は飛ばしてください)

ーーーーー
①録画方法はiPad pro 10.5インチ(※ミクのみIPad air)の画面録画機能を利用する。

②録画したものをaviutlにフレームレート100として取り込む
※100フレームとして取り込むのは秒数換算しやすくするため。

③「メダル効果無効」「トレーニングステージ」のカスタムバトルでAI操作にし、初期位置からCポータルを制圧開始するまでを計測(検証の変更点)
(これまではでらクランクストリートで撮影していましたが、トレーニングステージでポータルまでの距離を伸ばしたことでヒーロー間での差や同速度のヒーローを明確にできると考えたためトレステに変更しました。)

④「移動のために足が動いた(待機状態とは違う動きをした)」フレームから計測開始。「ポータルに触れ、ポータルのアルファベット表示の色が変わった」フレームで計測終了。

⑤①~④を各キャラ3回ずつ計測し、平均値で順位付ける。
ーーーーー



それでは結果です。



_20181120_201131




名前の色分けは
青=スプ、緑=アタッカー、赤=ガンナー、黄=タンク
となっています。

数値の色分けは「同じ速度とみなして良いであろうヒーロー群」で分けてます。具体的には0.5秒未満の差のヒーローはまとめています。



また、足メダルを最大まで厳選した場合についても(計算上ですが)出してみたので、メダル無しの場合と最大足メダルの場合を一緒にして早い順にも並べてみました。
その結果が↓

_20181120_225544
_20181120_201104



色分けは 紫=メダルあり、黄=メダル無しです。



今回は新ヒーローのポロロッチョの追加と、検証するステージの変更に伴う取り直しをしました。

ポロロッチョはスプリンターのダッシュを除けば最速クラスの1人であり、HAも相まって攻めに守りに活躍しそうなヒーローです。
その一方で、単純な耐久力は使用感としてはかなり脆く感じました。正面から殴り合うとヒーローと言うよりは搦手や撹乱によって場を乱すヒーローのような感じがします。
これからどんな戦法が確立されていくのか楽しみです。



それでは失礼します。

今回は2018/11/02に実施されたヒーロー調整について書きます。

2018-11-02-01
2018-11-02-02
2018-11-02-03
2018-11-02-04
2018-11-02-05
2018-11-02-06
2018-11-02-07
2018-11-02-08
2018-11-02-09
2018-11-02-10
2018-11-02-11
2018-11-02-13

Twitterでは色々と紛糾してるようなのでここで何か書くのはやめときます。
とりあえずこれまで通りの使い方は通用しなさそうなので新しい戦い方を模索する必要がありそうです。



それでは失礼しますm(_ _)m

↑このページのトップヘ