今回はレムとビオレッタのアビリティについて説明します。



この2人のアビリティは他のバフ類とは異なり、直線的な増加ではなく曲線的な増加を見せるため、こちらの記事では長くなり記載すると見づらくなりそうだったので個別で記事にします。



レムのアビリティについて
レムのアビリティは「残り体力が少なくなるほど攻撃力アップ」というものです。
この倍率ついて検証した結果が↓

レムヴィオレッタアビリティ

体力が高いうちはバフの上昇量も少ないのですが、体力が減れば減るほど上がり幅も増えています。
おそらく体力0=1.5倍バフとなるようになっているのだと思われます。
まぁ実際の運用上は残り体力50%~25%の1.12倍~1.28倍あたりが狙えるギリギリの範囲なんでしょうね。これ以上を狙ってやるのは厳しそう。



ビオレッタのアビリティについて
ビオレッタのアビリティは「周囲にいる人数に応じて防御力アップ」というものです。
このアビリティの人数と効果量の関係は

1人→1.54倍
2人→1.96倍
3人→2.26倍
4人→2.44倍
5人→2.5倍

となっています。
こちらはレムとは逆にバフの上がり幅が次第に減少していっています。



こんな感じですかね。
レムはあと一発で仕留められる状況でこそ本領を発揮するので、相手にするときはチャンスのときこそ用心深くいきましょう。
一方ヴィオレッタの方はルチやメグメグなどの多段ヒット系の通常攻撃のヒーローからすれば1.5倍でもかなりダメージを抑えられます。対峙する場合はお互いに自身に有利な距離を意識すると有利不利が変わります。

それでは失礼します。