今回は各ヒーローのHSゲージの必要量について検証します。



コンパスにおいて逆転要素や第5のカードとして機能するHSですが、HSが使用可能になるまでに必要なHSの量はヒーローによって違うのはご存知だと思います。
これについて、appliv gamesさんが先行検証されていますが、いつもどおり自分で調べて見ようと思ったのでその結果について書きます。
検証方法は→(http://www.sirdee-compass.com/archives/14522803.html)



結果です。なおすべて時間換算(秒)で表しています。
まず自陣拡張時間については↓
_20181215_233726



次にHS必要量について。
色分けは濃い方から拡張した場合において「2陣のみで使用可能」「1陣のみで使用可能」「1,2陣両方以内で使用可能」「1,2陣両方広げても使用不可」となっています。

_20181229_230039





次に硬直時間について。
(ルチは計測しようがないので計測していません)


_20181229_230101

※めぐみん以外は「硬直時間=無敵時間」と考えてよいが、めぐみんのみ硬直時間の終了間際(倒れている辺りの時間)には無敵判定が切れてます。



今回はアクアとめぐみんのデータを追加しました。
アクアは敵全体に「イデア+ダメカ破壊+ダウン効果」を与えるというHSであり、必要ゲージ量もアタリやカイと同程度と非常に強力であると言っていいと思います。

ただ一方で、アクアのHSは単独でも強力なアタリやカイとは違い、ディズィーやヴィオレッタのように味方と連携することで最大限の効果を発揮するHSでもあります。
「とりあえず貯まったから使う」とかではなく、味方が敵を仕留めやすいようにダウンさせて援護したり、マリアやグスタフのHSに合わせることで敵全体を一網打尽にしたりといった使い方を意識していくといいのかなと思います。






めぐみんのHSは全ヒーロー中最もゲージが必要となります。
その一方でめぐみんはHAによって自陣拡張時と同等の速度でHSゲージを貯めることができるようになっています。
敵に自陣を踏まれているかどうかや、自分が自陣を踏んでいるかなどに関係なくHSを貯めることができるため、結果的にルチやマリアよりも早くHSを貯めきることが可能な場合すらあります。

その一方で、めぐみんのHAは自陣を踏んでいるかどうかに関わらず原則として自陣拡張時の速度でしか貯まりません。




そのため自陣はできるだけ他のヒーローに譲り、自分は敵陣などでHAをすることでチーム全体が効率的にHSを貯めることができます。

1人で試合をひっくり返せる非常に強力なHSですが、自分がHSを撃つことだけを考えるのではなく、「敵にHSという対策を用意させない」「味方がHSを貯めやすいように自陣を譲る」などを考慮しつつ戦略を組み立てていきましょう。



それでは失礼します。