コンパス攻略の隙間

検証厨が検索しても見つからなかった情報を検証していきます。

カテゴリ: データ

今回は移動速度についての検証です。


コンパスにおいてヒーローごとに移動速度は異なります。
Appliv gamesさんがその辺の検証をされていますが、自分でも検証して見ようと思ったため検証してみました。



検証方法は以下の通りです。(結果だけ知りたい方は飛ばしてください)

ーーーーー
①録画方法はiPad pro 10.5インチ(※ミクのみIPad air)の画面録画機能を利用する。

②録画したものをaviutlにフレームレート100として取り込む
※100フレームとして取り込むのは秒数換算しやすくするため。

③「メダル効果無効」「トレーニングステージ」のカスタムバトルでAI操作にし、初期位置からCポータルを制圧開始するまでを計測(検証の変更点)
(これまではでらクランクストリートで撮影していましたが、トレーニングステージでポータルまでの距離を伸ばしたことでヒーロー間での差や同速度のヒーローを明確にできると考えたためトレステに変更しました。)

④「移動のために足が動いた(待機状態とは違う動きをした)」フレームから計測開始。「ポータルに触れ、ポータルのアルファベット表示の色が変わった」フレームで計測終了。

⑤①~④を各キャラ3回ずつ計測し、平均値で順位付ける。
ーーーーー



結果です。

_20190408_164459




名前の色分けは
水色=スプ、緑=アタッカー、赤=ガンナー、オレンジ=タンク
となっています。

数値の色分けは「同じ速度とみなして良いであろうヒーロー群」で分けてます。具体的には0.5秒未満の差のヒーローはまとめています。



足メダル+9とメダル無しの場合と最大足メダルの場合を並べた早い順は↓

_20190408_164337
_20190408_164413





色分けは 紫=メダルあり、黄=メダル無しです。


今回はリヴァイのデータの追加をしました。
リヴァイはアタッカーだけでなく全体で見ても足が速いヒーローであり、スプを除いて最速クラスのリュウやポロロッチョ、マルコスなどに次ぐ速さとなっています。
耐久ステ自体は低いものの、この足の速さやHAといった機動力によって実際には思ったよりも高い生存力を持つんじゃないかなぁと思います。
強みを活かして正面から殴り合うのではなく奇襲やヒットアンドアウェイを心がけるのもいいのかもしれません。いろいろな立ち回りを考えてみてください。





それでは失礼します。

今回はカードの発動速度について調べました。



各ヒーローごとに各攻撃カードの発動速度が異なっていることは始めたばかりの人を除いて皆さんご存知だと思います。
またどのヒーローのどのカードが早いのかも知っておられるはずです。
しかし具体的な秒数などの情報が乏しいため調べてみました。



検証方法は以下の通りです。

ーーーーー

①使用ソフトはiPadPro 10.5インチ(ミクのみIPad air)の画面録画とAviutl

②画面録画で撮ったものを100フレームのAviutlに取り込む。

③「カードを切ったことが確定したフレーム(「カードの効果範囲表示が消えたフレーム」から測定開始。
発動検証
↑カードを切ったことが確定する直前の効果範囲が示されている状態。

発動検証2
↑切ったことが確定し、効果範囲が消えた状態。このフレーム(瞬間)から測定開始。

⑤各カード4回ずつデータをとり、平均値を出す。

ーーーーー



では調べた結果です。
なお、数字部分の色分けは実際のデータで速いほど色が濃くなるようにしており、名前部分の色分けはゲーム内のカード発動速度の表記が速いものほど色が濃くなるようにしています。
また、名前の色分けは
水色→スプリンター
赤→ガンナー
緑→アタッカー
オレンジ→タンク
となっています。



・発動無強化カード(使用カード:ジャンクヤード、ひめたる、フルアーマー、ドルケストル)

_20190408_175035











・発動短強化カード(使用カード:タイオワ)

_20190408_175009










・発動長強化カード(使用カード:満点提灯、イノセンテ)

_20190408_174952









・近カード (使用カード:パウ・ライヒェ、おじいちゃん)
(並び順はヒットが早い順)



_20190408_174934






※「ヒット平均」=カードを切ったことが確定してから攻撃がヒットするまでの平均時間
 「硬直平均」=カードを切ってから硬直時間が終了し、行動可能になるまでの平均時間
 「後隙」=「硬直平均」ー「ヒット平均」
 周も同様の意味で表記。




・周カード 使用カード:ルルカ、和太鼓
(並び順はヒットが早い順)

_20190408_174912








・遠カード 使用カード:エボリリ、ララカ
(並び順は全弾ヒットが早い順)

_20190408_174850







※「ヒット平均」=カードを切ったことが確定してから最初の攻撃がヒットするまでの平均時間
 「フルヒット平均」=カードを切ったことが確定してから最後の攻撃がヒットするまでの平均時間
 「初撃~硬直解除」=「硬直平均」ー「ヒット平均」
 「後隙」=「硬直平均」ー「フルヒット平均」
 遠も同様の意味で表記。





・連カード 使用カード:デュノワ伯、手作り爆竹、ケルパーズ
(並び順は全弾ヒットが早い順)

_20190408_174829









今回は2019/ 2/28のヒーロー調整で上方された春麗の連のデータと、リヴァイのデータの追加をしました。



リヴァイは連撃カードを得意とするヒーローで、その速さはソルに次ぐほどとなっています。
またこの表のデータは全て貫通ではなく非貫通のカードを使っているため、アビバフ分のヒットストップがかかってることを考えるとゆららなどであればさらにソルに近づくと考えられます。
一方でその他のカードについては中の下以下であるように感じます。
連撃だけでなく通常攻撃や、HA・足の速さといったその他の性能も高水準であると思われるため、これらを活かしたデッキを組むといいのではないかと思います。



春麗の連撃の上方についてですが、確かに連撃系ヒーローのはずなのに周囲ばかり採用されて連撃採用率は低かったため、それを打開しようとしたのかなぁと思います。

ただ、
・通常連撃はアビリティが乗るもののダメカ1枚で防がれる
・貫通連撃は素の攻撃ステがさほど高くないため威力が比較的低くなってしまう
・そもそも連撃自体周囲に比べて隙が大きい
といった点から果たしてこの上方がどこまで影響を及ぼすだろうかと思います。

とはいえ選択肢が広がりはしたと思うのでぜひいろいろ試してみてください。



それでは失礼しますm(_ _)m

今回は各ヒーローのHSゲージの必要量について検証します。



コンパスにおいて逆転要素や第5のカードとして機能するHSですが、HSが使用可能になるまでに必要なHSの量はヒーローによって違うのはご存知だと思います。
これについて、appliv gamesさんが先行検証されていますが、いつもどおり自分で調べて見ようと思ったのでその結果について書きます。
検証方法は→(http://www.sirdee-compass.com/archives/14522803.html)



結果です。なおすべて時間換算(秒)で表しています。
まず自陣拡張時間については↓
_20181215_233726



次にHS必要量について。
色分けは濃い方から拡張した場合において「2陣のみで使用可能」「1陣のみで使用可能」「1,2陣両方以内で使用可能」「1,2陣両方広げても使用不可」となっています。
また、名前の色分けは
水色→スプリンター
赤→ガンナー
緑→アタッカー
オレンジ→タンク
となっています。

_20190408_163719









次に硬直時間について。
ルチは計測しようがないので計測していません。また、リヴァイの硬直時間は最短の場合(=壁に向かってHSを発動した場合)となっています。

_20190408_164151







※めぐみん以外は「硬直時間=無敵時間」と考えてよいが、めぐみんのみ硬直時間の終了間際(倒れている辺りの時間)には無敵判定が切れてます。


今回は2019/3/28のヒーロー調整で下方されたポロロッチョの蓄積時間の更新と、リヴァイのデータの追加をしました。

ポロロッチョは今回の調整でHSの必要量がマリアと同程度になり、これまでのようなお手軽捲りは難しくなりました。
ルチやマリアのように最後の逆転に向けて序盤からHSをしっかり貯めるか、あるいはHSを貯めることを放棄して前線に向かうかを編成や状況で判断して割り切った動きをしたほうがいいかもしれません。



リヴァイはカイのように突進攻撃するHSとなっています。
ヒットすれば確殺であるもののダメカによって防ぐことが可能なものであるため、HSや100%カットのダメカといった回答を考えながら試合を進めていきましょう。



それでは失礼します。

今回は各ヒーローのHSゲージの必要量について検証します。



コンパスにおいて逆転要素や第5のカードとして機能するHSですが、HSが使用可能になるまでに必要なHSの量はヒーローによって違うのはご存知だと思います。
これについて、appliv gamesさんが先行検証されていますが、いつもどおり自分で調べて見ようと思ったのでその結果について書きます。
検証方法は→(http://www.sirdee-compass.com/archives/14522803.html)



結果です。なおすべて時間換算(秒)で表しています。
まず自陣拡張時間については↓
_20181215_233726



次にHS必要量について。
色分けは濃い方から拡張した場合において「2陣のみで使用可能」「1陣のみで使用可能」「1,2陣両方以内で使用可能」「1,2陣両方広げても使用不可」となっています。

_20190228_113656








次に硬直時間について。
(ルチは計測しようがないので計測していません)

_20190228_113627






※めぐみん以外は「硬直時間=無敵時間」と考えてよいが、めぐみんのみ硬直時間の終了間際(倒れている辺りの時間)には無敵判定が切れてます。


今回は2019/2/28のヒーロー調整で下方されたポロロッチョの蓄積時間を更新しました。
今回下方されたことでポロロッチョのHSの必要蓄積時間は伸びたものの効果自体は変わっておらず、依然強力なままです。
ポロロッチョを使うのであればHSをこれまでよりも更に計画的に貯めて終盤に備え、対峙する場合も対抗手段を考えながら試合を進めるようにしましょう。




それでは失礼します。

今回はカードの発動速度について調べました。



各ヒーローごとに各攻撃カードの発動速度が異なっていることは始めたばかりの人を除いて皆さんご存知だと思います。
またどのヒーローのどのカードが早いのかも知っておられるはずです。
しかし具体的な秒数などの情報が乏しいため調べてみました。



検証方法は以下の通りです。

ーーーーー

①使用ソフトはiPadPro 10.5インチ(ミクのみIPad air)の画面録画とAviutl

②画面録画で撮ったものを100フレームのAviutlに取り込む。

③「カードを切ったことが確定したフレーム(「カードの効果範囲表示が消えたフレーム」から測定開始。
発動検証
↑カードを切ったことが確定する直前の効果範囲が示されている状態。

発動検証2
↑切ったことが確定し、効果範囲が消えた状態。このフレーム(瞬間)から測定開始。

⑤各カード4回ずつデータをとり、平均値を出す。

ーーーーー



では調べた結果です。
なお、数字部分の色分けは実際のデータで速いほど色が濃くなるようにしており、名前部分の色分けはゲーム内のカード発動速度の表記が速いものほど色が濃くなるようにしています。




・発動無強化カード(使用カード:ジャンクヤード、ひめたる、フルアーマー、ドルケストル)

_20190130_012744









・発動短強化カード(使用カード:タイオワ)

_20190302_230757









・発動長強化カード(使用カード:満点提灯、イノセンテ)

_20190302_230733








・近カード (使用カード:パウ・ライヒェ、おじいちゃん)
(並び順はヒットが早い順)



_20190228_113346





※「ヒット平均」=カードを切ったことが確定してから攻撃がヒットするまでの平均時間
 「硬直平均」=カードを切ってから硬直時間が終了し、行動可能になるまでの平均時間
 「後隙」=「硬直平均」ー「ヒット平均」
 周も同様の意味で表記。




・周カード 使用カード:ルルカ、和太鼓
(並び順はヒットが早い順)

_20190130_012633







・遠カード 使用カード:エボリリ、ララカ
(並び順は全弾ヒットが早い順)

_20190130_012615






※「ヒット平均」=カードを切ったことが確定してから最初の攻撃がヒットするまでの平均時間
 「フルヒット平均」=カードを切ったことが確定してから最後の攻撃がヒットするまでの平均時間
 「初撃~硬直解除」=「硬直平均」ー「ヒット平均」
 「後隙」=「硬直平均」ー「フルヒット平均」
 遠も同様の意味で表記。





・連カード 使用カード:デュノワ伯、手作り爆竹、ケルパーズ
(並び順は全弾ヒットが早い順)

_20190130_012553








今回は2019/ 2/28のヒーロー調整で上方された忠臣の近のデータと、以前のメンテナンスで修正されたソーンの発動速度を更新しました。ソーンについては遅くなってしまって申し訳ありません。

忠臣は以前はアダムと同程度の速度でしたが今回の調整でvoidollと同程度になったと考えられます(ただ数値上でだいぶ差が生じてしまっているので近々取り直そうかと思っています)。
これまでもダメカなどを合わせるのが難しかったですが、この調整によって更にそれが難しくなりました。
見てからダメカを切るのではなく、予測して防ぐことが求められる様になると思うので、相手が近を撃ってきそうなタイミングをしっかり考えながら対峙するようにしましょう。



それでは失礼しますm(_ _)m

↑このページのトップヘ