コンパス攻略の隙間

検証厨が検索しても見つからなかった情報を検証していきます。

カテゴリ: カード速度

今回はカードの発動速度について調べました。



各ヒーローごとに各攻撃カードの発動速度が異なっていることは始めたばかりの人を除いて皆さんご存知だと思います。
またどのヒーローのどのカードが早いのかも知っておられるはずです。
しかし具体的な秒数などの情報が乏しいため調べてみました。



検証方法は以下の通りです。

ーーーーー

①使用ソフトはiPadPro 10.5インチ(ミクのみIPad air)の画面録画とAviutl

②画面録画で撮ったものを100フレームのAviutlに取り込む。

③「カードを切ったことが確定したフレーム(「カードの効果範囲表示が消えたフレーム」から測定開始。
発動検証
↑カードを切ったことが確定する直前の効果範囲が示されている状態。

発動検証2
↑切ったことが確定し、効果範囲が消えた状態。このフレーム(瞬間)から測定開始。

⑤各カード4回ずつデータをとり、平均値を出す。

ーーーーー



では調べた結果です。
なお、数字部分の色分けは実際のデータで速いほど色が濃くなるようにしており、名前部分の色分けはゲーム内のカード発動速度の表記が速いものほど色が濃くなるようにしています。
また、名前の色分けは
水色→スプリンター
赤→ガンナー
緑→アタッカー
オレンジ→タンク
となっています。



・発動無強化カード(使用カード:ジャンクヤード、ひめたる、フルアーマー、ドルケストル)

_20190503_181320













・発動短強化カード(使用カード:タイオワ)

_20190503_181232











・発動長強化カード(使用カード:満点提灯、イノセンテ)


_20190607_013241









・近カード (使用カード:パウ・ライヒェ、おじいちゃん)
(並び順はヒットが早い順)



_20190503_181211







※「ヒット平均」=カードを切ったことが確定してから攻撃がヒットするまでの平均時間
 「硬直平均」=カードを切ってから硬直時間が終了し、行動可能になるまでの平均時間
 「後隙」=「硬直平均」ー「ヒット平均」
 周も同様の意味で表記。




・周カード 使用カード:ルルカ、和太鼓
(並び順はヒットが早い順)

_20190606_220602











・遠カード 使用カード:エボリリ、ララカ
(並び順は全弾ヒットが早い順)

_20190503_181104








※「ヒット平均」=カードを切ったことが確定してから最初の攻撃がヒットするまでの平均時間
 「フルヒット平均」=カードを切ったことが確定してから最後の攻撃がヒットするまでの平均時間
 「初撃~硬直解除」=「硬直平均」ー「ヒット平均」
 「後隙」=「硬直平均」ー「フルヒット平均」
 遠も同様の意味で表記。





・連カード 使用カード:デュノワ伯、手作り爆竹、ケルパーズ
(並び順は全弾ヒットが早い順)

_20190606_220135











今回は2019/05/30のヒーロー調整の対象であるジャスティスと乃保の連、マリアの周のデータの更新をしました。


それでは失礼しますm(_ _)m

今回はカードの発動速度について調べました。



各ヒーローごとに各攻撃カードの発動速度が異なっていることは始めたばかりの人を除いて皆さんご存知だと思います。
またどのヒーローのどのカードが早いのかも知っておられるはずです。
しかし具体的な秒数などの情報が乏しいため調べてみました。



検証方法は以下の通りです。

ーーーーー

①使用ソフトはiPadPro 10.5インチ(ミクのみIPad air)の画面録画とAviutl

②画面録画で撮ったものを100フレームのAviutlに取り込む。

③「カードを切ったことが確定したフレーム(「カードの効果範囲表示が消えたフレーム」から測定開始。
発動検証
↑カードを切ったことが確定する直前の効果範囲が示されている状態。

発動検証2
↑切ったことが確定し、効果範囲が消えた状態。このフレーム(瞬間)から測定開始。

⑤各カード4回ずつデータをとり、平均値を出す。

ーーーーー



では調べた結果です。
なお、数字部分の色分けは実際のデータで速いほど色が濃くなるようにしており、名前部分の色分けはゲーム内のカード発動速度の表記が速いものほど色が濃くなるようにしています。
また、名前の色分けは
水色→スプリンター
赤→ガンナー
緑→アタッカー
オレンジ→タンク
となっています。



・発動無強化カード(使用カード:ジャンクヤード、ひめたる、フルアーマー、ドルケストル)

_20190408_175035











・発動短強化カード(使用カード:タイオワ)

_20190408_175009










・発動長強化カード(使用カード:満点提灯、イノセンテ)

_20190408_174952









・近カード (使用カード:パウ・ライヒェ、おじいちゃん)
(並び順はヒットが早い順)



_20190408_174934






※「ヒット平均」=カードを切ったことが確定してから攻撃がヒットするまでの平均時間
 「硬直平均」=カードを切ってから硬直時間が終了し、行動可能になるまでの平均時間
 「後隙」=「硬直平均」ー「ヒット平均」
 周も同様の意味で表記。




・周カード 使用カード:ルルカ、和太鼓
(並び順はヒットが早い順)

_20190408_174912








・遠カード 使用カード:エボリリ、ララカ
(並び順は全弾ヒットが早い順)

_20190408_174850







※「ヒット平均」=カードを切ったことが確定してから最初の攻撃がヒットするまでの平均時間
 「フルヒット平均」=カードを切ったことが確定してから最後の攻撃がヒットするまでの平均時間
 「初撃~硬直解除」=「硬直平均」ー「ヒット平均」
 「後隙」=「硬直平均」ー「フルヒット平均」
 遠も同様の意味で表記。





・連カード 使用カード:デュノワ伯、手作り爆竹、ケルパーズ
(並び順は全弾ヒットが早い順)

_20190408_174829









今回は2019/ 2/28のヒーロー調整で上方された春麗の連のデータと、リヴァイのデータの追加をしました。



リヴァイは連撃カードを得意とするヒーローで、その速さはソルに次ぐほどとなっています。
またこの表のデータは全て貫通ではなく非貫通のカードを使っているため、アビバフ分のヒットストップがかかってることを考えるとゆららなどであればさらにソルに近づくと考えられます。
一方でその他のカードについては中の下以下であるように感じます。
連撃だけでなく通常攻撃や、HA・足の速さといったその他の性能も高水準であると思われるため、これらを活かしたデッキを組むといいのではないかと思います。



春麗の連撃の上方についてですが、確かに連撃系ヒーローのはずなのに周囲ばかり採用されて連撃採用率は低かったため、それを打開しようとしたのかなぁと思います。

ただ、
・通常連撃はアビリティが乗るもののダメカ1枚で防がれる
・貫通連撃は素の攻撃ステがさほど高くないため威力が比較的低くなってしまう
・そもそも連撃自体周囲に比べて隙が大きい
といった点から果たしてこの上方がどこまで影響を及ぼすだろうかと思います。

とはいえ選択肢が広がりはしたと思うのでぜひいろいろ試してみてください。



それでは失礼しますm(_ _)m

今回はカードの発動速度について調べました。



各ヒーローごとに各攻撃カードの発動速度が異なっていることは始めたばかりの人を除いて皆さんご存知だと思います。
またどのヒーローのどのカードが早いのかも知っておられるはずです。
しかし具体的な秒数などの情報が乏しいため調べてみました。



検証方法は以下の通りです。

ーーーーー

①使用ソフトはiPadPro 10.5インチ(ミクのみIPad air)の画面録画とAviutl

②画面録画で撮ったものを100フレームのAviutlに取り込む。

③「カードを切ったことが確定したフレーム(「カードの効果範囲表示が消えたフレーム」から測定開始。
発動検証
↑カードを切ったことが確定する直前の効果範囲が示されている状態。

発動検証2
↑切ったことが確定し、効果範囲が消えた状態。このフレーム(瞬間)から測定開始。

⑤各カード4回ずつデータをとり、平均値を出す。

ーーーーー



では調べた結果です。
なお、数字部分の色分けは実際のデータで速いほど色が濃くなるようにしており、名前部分の色分けはゲーム内のカード発動速度の表記が速いものほど色が濃くなるようにしています。




・発動無強化カード(使用カード:ジャンクヤード、ひめたる、フルアーマー、ドルケストル)

_20190130_012744









・発動短強化カード(使用カード:タイオワ)

_20190302_230757









・発動長強化カード(使用カード:満点提灯、イノセンテ)

_20190302_230733








・近カード (使用カード:パウ・ライヒェ、おじいちゃん)
(並び順はヒットが早い順)



_20190228_113346





※「ヒット平均」=カードを切ったことが確定してから攻撃がヒットするまでの平均時間
 「硬直平均」=カードを切ってから硬直時間が終了し、行動可能になるまでの平均時間
 「後隙」=「硬直平均」ー「ヒット平均」
 周も同様の意味で表記。




・周カード 使用カード:ルルカ、和太鼓
(並び順はヒットが早い順)

_20190130_012633







・遠カード 使用カード:エボリリ、ララカ
(並び順は全弾ヒットが早い順)

_20190130_012615






※「ヒット平均」=カードを切ったことが確定してから最初の攻撃がヒットするまでの平均時間
 「フルヒット平均」=カードを切ったことが確定してから最後の攻撃がヒットするまでの平均時間
 「初撃~硬直解除」=「硬直平均」ー「ヒット平均」
 「後隙」=「硬直平均」ー「フルヒット平均」
 遠も同様の意味で表記。





・連カード 使用カード:デュノワ伯、手作り爆竹、ケルパーズ
(並び順は全弾ヒットが早い順)

_20190130_012553








今回は2019/ 2/28のヒーロー調整で上方された忠臣の近のデータと、以前のメンテナンスで修正されたソーンの発動速度を更新しました。ソーンについては遅くなってしまって申し訳ありません。

忠臣は以前はアダムと同程度の速度でしたが今回の調整でvoidollと同程度になったと考えられます(ただ数値上でだいぶ差が生じてしまっているので近々取り直そうかと思っています)。
これまでもダメカなどを合わせるのが難しかったですが、この調整によって更にそれが難しくなりました。
見てからダメカを切るのではなく、予測して防ぐことが求められる様になると思うので、相手が近を撃ってきそうなタイミングをしっかり考えながら対峙するようにしましょう。



それでは失礼しますm(_ _)m

今回はカードの発動速度について調べました。



各ヒーローごとに各攻撃カードの発動速度が異なっていることは始めたばかりの人を除いて皆さんご存知だと思います。
またどのヒーローのどのカードが早いのかも知っておられるはずです。
しかし具体的な秒数などの情報が乏しいため調べてみました。



検証方法は以下の通りです。

ーーーーー

①使用ソフトはiPadPro 10.5インチ(ミクのみIPad air)の画面録画とAviutl

②画面録画で撮ったものを100フレームのAviutlに取り込む。

③「カードを切ったことが確定したフレーム(「カードの効果範囲表示が消えたフレーム」から測定開始。
発動検証
↑カードを切ったことが確定する直前の効果範囲が示されている状態。

発動検証2
↑切ったことが確定し、効果範囲が消えた状態。このフレーム(瞬間)から測定開始。

⑤各カード4回ずつデータをとり、平均値を出す。

ーーーーー



では調べた結果です。
なお、数字部分の色分けは実際のデータで速いほど色が濃くなるようにしており、名前部分の色分けはゲーム内のカード発動速度の表記が速いものほど色が濃くなるようにしています。




・発動無強化カード(使用カード:ジャンクヤード、ひめたる、フルアーマー、ドルケストル)

_20190130_012744









・発動短強化カード(使用カード:タイオワ)

_20190130_012707








・発動長強化カード(使用カード:満点提灯、イノセンテ)

_20190130_012726







・近カード (使用カード:パウ・ライヒェ、おじいちゃん)
(並び順はヒットが早い順)

_20190130_012650






※「ヒット平均」=カードを切ったことが確定してから攻撃がヒットするまでの平均時間
 「硬直平均」=カードを切ってから硬直時間が終了し、行動可能になるまでの平均時間
 「後隙」=「硬直平均」ー「ヒット平均」
 周も同様の意味で表記。




・周カード 使用カード:ルルカ、和太鼓
(並び順はヒットが早い順)

_20190130_012633







・遠カード 使用カード:エボリリ、ララカ
(並び順は全弾ヒットが早い順)

_20190130_012615






※「ヒット平均」=カードを切ったことが確定してから最初の攻撃がヒットするまでの平均時間
 「フルヒット平均」=カードを切ったことが確定してから最後の攻撃がヒットするまでの平均時間
 「初撃~硬直解除」=「硬直平均」ー「ヒット平均」
 「後隙」=「硬直平均」ー「フルヒット平均」
 遠も同様の意味で表記。





・連カード 使用カード:デュノワ伯、手作り爆竹、ケルパーズ
(並び順は全弾ヒットが早い順)

_20190130_012553








今回は2019/01/28のヒーロー調整の対象であるジャスティスの連・アクアの近の更新と、ソーンのデータの追加をしました。

アクアは前シーズンで猛威を振るっていましたが、その反動かかなり大きく弱体化されました。
近ヒットは0.2秒遅くなり、アタリやザクレイと同程度の速さからマリアやエミリアと同程度の速さまで遅くなりました。
まだ採用可能性は十分にありますが以前と同じタイミングで撃っても回避や防御される可能性が非常に高くなったと考えられます。
DAの調整も踏まえながらデッキや戦い方を改めて考えていきましょう。



ジャスティスはこれまでも連の速さはあったものの、他の連が得意なヒーローに比べると全段ヒットが難しかったり、求められる役割が耐久だったりといったことから1.35倍という火力を活かせる場面が少ない印象でした。
今回の修正において攻撃力が1.4倍になったことや連撃が速くなったことで、攻撃に寄せるデッキが許容されやすくなったんじゃないかなぁと思います。グスタフやモノクマのようにドア抜きが許されるかどうかは蓋を開けてみないとわかりませんが。




耐久特化にするだけでなく、キルを狙うことも選択肢に入れてデッキを組むと楽しいかもしれません。




新ヒーローのソーンは攻撃カードとしては周囲が非常に優秀なヒーローとなっています。
「ヒットはレムと同程度で硬直はレムより短い」といえばわかりやすいかなぁと思います。
また周単体だけでなく、通常攻撃の初撃やHAの出の速さから周を当てた後の追撃も非常にしやすくなっています。



一方で、ソーンは発動短以上のカードの発動がその他ヒーローよりも0.1秒程度遅めとなっています(発動長についてはその他ヒーローの間でもバラつきが大きいため0.1秒よりも小さいかもしれませんが、それでも頭ひとつ抜きん出ているように思われます)。
ソーンは低体力であり、それを補うために全天を採用する方も多いと思いますが、他のヒーローと同じ感覚で単切りすると防御が間に合わない場面も出てくるかと思います。また回復については言わずもがなです。



発動短以上のカードを使うときには他のヒーローよりも少し余裕を持って使うようにしましょう。



それでは失礼しますm(_ _)m



今回はカードの発動速度について調べました。




各ヒーローごとに各攻撃カードの発動速度が異なっていることは始めたばかりの人を除いて皆さんご存知だと思います。
またどのヒーローのどのカードが早いのかも知っておられるはずです。
しかし具体的な秒数などの情報が乏しいため調べてみました。



検証方法は以下の通りです。

ーーーーー

①使用ソフトはiPadPro 10.5インチ(ミクのみIPad air)の画面録画とAviutl

②画面録画で撮ったものを100フレームのAviutlに取り込む。

③「カードを切ったことが確定したフレーム(「カードの効果範囲表示が消えたフレーム」から測定開始。
発動検証
↑カードを切ったことが確定する直前の効果範囲が示されている状態。

発動検証2
↑切ったことが確定し、効果範囲が消えた状態。このフレーム(瞬間)から測定開始。

⑤各カード4回ずつデータをとり、平均値を出す。

ーーーーー



では調べた結果です。
なお、数字部分の色分けは実際のデータで速いほど色が濃くなるようにしており、名前部分の色分けはゲーム内のカード発動速度の表記が速いものほど色が濃くなるようにしています。




・発動無強化カード(使用カード:ジャンクヤード、ひめたる、フルアーマー、ドルケストル)
_20181229_172238







・発動短強化カード(使用カード:タイオワ)

_20181229_172332







・発動長強化カード(使用カード:満点提灯、イノセンテ)

_20181229_172307






・近カード (使用カード:パウ・ライヒェ、おじいちゃん)
(並び順はヒットが早い順)

_20181229_172358





※「ヒット平均」=カードを切ったことが確定してから攻撃がヒットするまでの平均時間
 「硬直平均」=カードを切ってから硬直時間が終了し、行動可能になるまでの平均時間
 「後隙」=「硬直平均」ー「ヒット平均」
 周も同様の意味で表記。




・周カード 使用カード:ルルカ、和太鼓
(並び順はヒットが早い順)

_20181229_172422






・遠カード 使用カード:エボリリ、ララカ
(並び順は全弾ヒットが早い順)

_20181229_172445





※「ヒット平均」=カードを切ったことが確定してから最初の攻撃がヒットするまでの平均時間
 「フルヒット平均」=カードを切ったことが確定してから最後の攻撃がヒットするまでの平均時間
 「初撃~硬直解除」=「硬直平均」ー「ヒット平均」
 「後隙」=「硬直平均」ー「フルヒット平均」
 遠も同様の意味で表記。





・連カード 使用カード:デュノワ伯、手作り爆竹、ケルパーズ
(並び順は全弾ヒットが早い順)

_20181229_172505







今回は2018-12-27のアップデートで追加されためぐみんとアクアの情報を追加しました。



めぐみんは全体的にカードの発動が早くなく、しいて言えば周囲と近接がまだ採用可能性があるといった速さです。

しかしめぐみんは攻撃力を含めてステータスが比較的低いことや、タンクであるため耐久が求められることなどから攻撃カードを積むよりもダメカや回復を多めに採用し、敵陣で耐久しつつHAをすることでHSゲージを貯めることが求められると思われます。

号令などの妨害カードで味方の支援をすることも選択肢としてはありですが、その場合は耐久に使うカードを削って攻撃カードを入れることになるため、必然的に耐久力は下がってしまいます。

攻撃カードを採用するのであれば、耐久カードを採用する枠を削ってでも入れる意味があるかどうかを十分に検討し、使用する場面をしっかり見極めるようにしましょう。





アクアは近と遠が早いスプリンターであり、ボイドやアタリなどに求められるような役割を果たすことが十分可能な性能となっています。

また他のスプリンターと異なり、DAによって敵のダメカを割ることができるというのが大きな特徴です。
そのため他のスプリンターがカノーネに使っていた枠を別のカードに使うことができる点でも非常に自由度の高いデッキを組むことが可能です。

加えて全ステータスが1.1倍となっており、単純なステータスだけ見れば非常に強力なヒーローとなっています。

しかし一方で、アビリティとして「状態異常(スタン・毒・サイレント)の時間が1.5倍になる」という大きな弱点を持っています。
通常のヒーローでさえスタンなどを受ければキルされやすくなってしまうのに、アクアの場合はその時間がさらに延長されるためまさにデスに直結します。

幸いスタンとサイレントについてはダメカによって防ぐことが可能なため、カノーネを省いてできた枠にダメカやカウンターを積むことで対策をすることが可能です。
また状態異常攻撃を回避する自信があるのであれば、他のスプリンターと同様に回復とダメカを1枚ずつにして残りの二つを攻撃カードにすることも十分選択肢としてあり得ます。
ぜひ色々なデッキを試して自分に合うデッキを模索してみてください。
ちなみに僕はフルーク・ワキンヤン・ケーニヒ・回復でアクアやってます。ダメカを張られてもDAで割ってフルークやワキンヤンをねじ込んだり、キルを狙ったりもできて悪くはないと思ってます。
他のもいろいろ試してみたいと思ってます。





それでは失礼しますm(_ _)m



↑このページのトップヘ