コンパス攻略の隙間

検証厨が検索しても見つからなかった情報を検証していきます。

カテゴリ: HS検証

今回は各ヒーローのHSゲージの必要量について検証します。



コンパスにおいて逆転要素や第5のカードとして機能するHSですが、HSが使用可能になるまでに必要なHSの量はヒーローによって違うのはご存知だと思います。
これについて、appliv gamesさんが先行検証されていますが、いつもどおり自分で調べて見ようと思ったのでその結果について書きます。
検証方法は→(http://www.sirdee-compass.com/archives/14522803.html)



結果です。なおすべて時間換算(秒)で表しています。
まず自陣拡張時間については↓
_20181215_233726



次にHS必要量について。
色分けは濃い方から拡張した場合において「2陣のみで使用可能」「1陣のみで使用可能」「1,2陣両方以内で使用可能」「1,2陣両方広げても使用不可」となっています。

_20190130_012506







次に硬直時間について。
(ルチは計測しようがないので計測していません)

_20190130_012527




※めぐみん以外は「硬直時間=無敵時間」と考えてよいが、めぐみんのみ硬直時間の終了間際(倒れている辺りの時間)には無敵判定が切れてます。


今回は2019-01-28のヒーロー調整の対象であるモノクマの蓄積時間の更新と、ソーンの追加を行いました。



ソーンは全体を通してみてもかなり蓄積に時間がかかるヒーローですが、その分効果も非常に協力であると言ってよいと思います。
ただ、凍結エリアを展開する範囲が近カードで一方的に倒されてしまうほど狭く、また自身の体力の低さもあってコクリコやエミリアのようにあらかじめ発動してから敵に突っ込むといった活用がし辛いように感じます。


一方で、一度凍結エリアを展開してしまえば一定時間相手はそこを通ることができなくなります。
C争奪戦になったときに通路を封鎖したり、C周りにエリアを展開してCを触れなくする/踏めなくするなどといった使い方を意識するといいのかなぁと思います。



もちろんこれ以外の使い方もあると思います。
是非対策や活かし方をいろいろ試して見てください。



それでは失礼します。

今回は各ヒーローのHSゲージの必要量について検証します。



コンパスにおいて逆転要素や第5のカードとして機能するHSですが、HSが使用可能になるまでに必要なHSの量はヒーローによって違うのはご存知だと思います。
これについて、appliv gamesさんが先行検証されていますが、いつもどおり自分で調べて見ようと思ったのでその結果について書きます。
検証方法は→(http://www.sirdee-compass.com/archives/14522803.html)



結果です。なおすべて時間換算(秒)で表しています。
まず自陣拡張時間については↓
_20181215_233726



次にHS必要量について。
色分けは濃い方から拡張した場合において「2陣のみで使用可能」「1陣のみで使用可能」「1,2陣両方以内で使用可能」「1,2陣両方広げても使用不可」となっています。

_20190112_194220






次に硬直時間について。
(ルチは計測しようがないので計測していません)

_20190112_194315



※めぐみん以外は「硬直時間=無敵時間」と考えてよいが、めぐみんのみ硬直時間の終了間際(倒れている辺りの時間)には無敵判定が切れてます。


今回は2019-01-10に調整されたアクアのHS蓄積時間を更新しました。

1試合の間に2回撃つことが若干難しくなりましたが、HSの効果についてはそのままです。
グスタフHSとの連携も未だに使用可能なままなので、回復カードを合わせることでグスタフHSとアクアHSの間で回復したり、カウンターなどで防いだりといった対策を考えておいた方がいいと思われます。












それでは失礼します。




今回は各ヒーローのHSゲージの必要量について検証します。



コンパスにおいて逆転要素や第5のカードとして機能するHSですが、HSが使用可能になるまでに必要なHSの量はヒーローによって違うのはご存知だと思います。
これについて、appliv gamesさんが先行検証されていますが、いつもどおり自分で調べて見ようと思ったのでその結果について書きます。
検証方法は→(http://www.sirdee-compass.com/archives/14522803.html)



結果です。なおすべて時間換算(秒)で表しています。
まず自陣拡張時間については↓
_20181215_233726



次にHS必要量について。
色分けは濃い方から拡張した場合において「2陣のみで使用可能」「1陣のみで使用可能」「1,2陣両方以内で使用可能」「1,2陣両方広げても使用不可」となっています。

_20181229_230039





次に硬直時間について。
(ルチは計測しようがないので計測していません)


_20181229_230101

※めぐみん以外は「硬直時間=無敵時間」と考えてよいが、めぐみんのみ硬直時間の終了間際(倒れている辺りの時間)には無敵判定が切れてます。



今回はアクアとめぐみんのデータを追加しました。
アクアは敵全体に「イデア+ダメカ破壊+ダウン効果」を与えるというHSであり、必要ゲージ量もアタリやカイと同程度と非常に強力であると言っていいと思います。

ただ一方で、アクアのHSは単独でも強力なアタリやカイとは違い、ディズィーやヴィオレッタのように味方と連携することで最大限の効果を発揮するHSでもあります。
「とりあえず貯まったから使う」とかではなく、味方が敵を仕留めやすいようにダウンさせて援護したり、マリアやグスタフのHSに合わせることで敵全体を一網打尽にしたりといった使い方を意識していくといいのかなと思います。






めぐみんのHSは全ヒーロー中最もゲージが必要となります。
その一方でめぐみんはHAによって自陣拡張時と同等の速度でHSゲージを貯めることができるようになっています。
敵に自陣を踏まれているかどうかや、自分が自陣を踏んでいるかなどに関係なくHSを貯めることができるため、結果的にルチやマリアよりも早くHSを貯めきることが可能な場合すらあります。

その一方で、めぐみんのHAは自陣を踏んでいるかどうかに関わらず原則として自陣拡張時の速度でしか貯まりません。




そのため自陣はできるだけ他のヒーローに譲り、自分は敵陣などでHAをすることでチーム全体が効率的にHSを貯めることができます。

1人で試合をひっくり返せる非常に強力なHSですが、自分がHSを撃つことだけを考えるのではなく、「敵にHSという対策を用意させない」「味方がHSを貯めやすいように自陣を譲る」などを考慮しつつ戦略を組み立てていきましょう。



それでは失礼します。



今回は各ヒーローのHSゲージの必要量について検証します。



コンパスにおいて逆転要素や第5のカードとして機能するHSですが、HSが使用可能になるまでに必要なHSの量はヒーローによって違うのはご存知だと思います。
これについて、appliv gamesさんが先行検証されていますが、いつもどおり自分で調べて見ようと思ったのでその結果について書きます。
検証方法は→(http://www.sirdee-compass.com/archives/14522803.html)



結果です。なおすべて時間換算(秒)で表しています。
まず自陣拡張時間については↓
_20181215_233726



次にHS必要量について。
色分けは濃い方から拡張した場合において「2陣のみで使用可能」「1陣のみで使用可能」「1,2陣両方以内で使用可能」「1,2陣両方広げても使用不可」となっています。

_20181215_233752




次に無敵時間について。
(ルチは計測しようがないので計測していません)
_20181215_233812



今回の検証でapplivさんの検証の追検証と各陣を広げた場合にどの程度貯まるかの目安の確認ができたと考えています。

前者について、おおよそapplivさんの測定と一致しました。
ただ、ルチについては数値が中途半端すぎて自分でも疑問が残りました。これについては無敵の終了タイミング(=蓄積の計測開始タイミング)が間違っている可能性があります。通常攻撃の射程が表示されたタイミングを無敵終了としていたのですが、そのタイミングで計測するとHSが若干溜まった状態でHSが終了することになってしまっていました。

無題
↑通常射程表示タイミング。すでに若干HSが溜まっている。

ただ、これがどのタイミングから貯まり始めているのか断定できないため、暫定として↑の数値としました。タイミングが判明したらまた修正します。



また今回の検証の目的のうち後者について、試合開始直後に各ヒーローがどのポータルを取るかの判断材料の一つになると思います。
特にルチ、マリア、デズの3人はHSが強力なため1陣を譲られ、終盤での使用を期待されがちです。ただ今回の検証からもわかるように、この3人は1,2陣を両方広げきっても貯まりきらないほどのHSゲージが必要となります。
これらのヒーローが味方にいて終盤にHSを使ってほしい場合は、2陣目を広げきらずにC争奪への加勢や敵へ圧をかけることを選択肢に入れましょう。2陣を広げ切られてしまうとこの3人は前線への参戦が非常に遅くなってしまうため、序~中盤にかけての戦況にも影響を及ぼします。



今後は今回の検証を元にHSに対するカウンターなども調べてみたいと思っています。
多分このページを見ている方はフルーク合わせはもうご覧になっているだろうと思いますが、あんな感じのをやっていきたいです。



それでは失礼します。

・共通
①端末はIpad pro 10.5インチ(ミクのみIpad air)、撮影は端末の画面録画機能、撮影した動画の検証にはaviutl(100fpsに設定して動画を取り込み検証)を使用。
②各ヒーロー(各ポータル拡張)を4回撮影。

・ポータル拡張
③陣地の境界の拡張表示が出たフレームから計測開始。
拡張1
↑表示なし

拡張2
↑表示が出現。ここから計測開始。

④境界が光ったフレームで計測終了。

拡張3
↑光る直前。

拡張4
↑光ったフレーム。ここで計測終了。



・各ヒーローHS必要量
③拡張しきった後でHSを使い、HSの無敵時間が終了したフレームから計測開始。


HS蓄積1
↑HS無敵終了直前。

HS蓄積2
↑HS無敵終了。ここから計測開始。

④ヒーローのアイコンが光ったフレームで計測終了。


・HS無敵時間
③HSアイコンを切ってHSゲージが無くなったフレームから計測開始、上記のHS終了タイミングで計測終了。


無題
↑ここから計測開始。

↑このページのトップヘ